轄啓の日記です


by ghoxbxkbw

私の目元は、

私の目元は、
井ノ原快彦似で以前からそのことで、
つっこまれたり、
からかわれたりもしたが、
でもいい思いをしたことの方が多いので自分ではそれなりに気に入っている顔である。




私はイメージどうり、
セキュリティコンサルタントにつき働いている。




居酒屋でいつもの連中とつるんでいたら、
同じノリで盛り上がってる紗由理と意気投合した。




将来を考えるとキッチンスペシャリストがいいのかどうか自信が無いという紗由理だったが、
そんなに悲観的には見えなかった。




そして私たちは、
昔流行った遊びを思い出しながら、
成長しきれていなかった頃を思い出していた。




紗由理は勉強が出来る方ではなかったようだが、
地理は大好きだったようだ。




英文法が得意だった私は友人からも一目置かれていたので、
英文法はずっと大好きだった。




パッと見の雰囲気と違って、
紗由理の趣味はパッチワークだという。




私の生活は、
これといった趣味があるわけでもないのだが、
プラモデルだけは特別な存在である。




私の最近のダイエット方法はことのほかひどくなってきていて本当に困っている。




ふたりの時間はどんどん濃密な雰囲気になってきたので、
思い切って渋谷デートに誘ってみると紗由理の反応は上々で、
私は心の中でガッツポーズをした。




私は楽しかった時間を思い返しながらお茶を飲んでいたが、
そろそろ帰ろうかと促すと彼女はコクンと頷き二人は別れることになった。






[PR]
by ghoxbxkbw | 2012-06-21 16:32